矛盾と事実とは

「彼のことは好き。
でもこのままの関係を続けていても良いのかもしれない」なんて考えるようになっていた私。
彼と私はそれぞれに気持ちを寄せ合ってはいたものの「今のままで十分なのではないか」という気持ちもほんの少しあったような気がします。
現状で満足してしまえばそれはそれで良いことなのかもしれませんが何せ気持ちが行ったりきたりの状態でしたので、私は自分の真相がどこにあるのか分からずにいました。
友達はそんな私の揺れ動く感情を「矛盾」と称しました。
付き合っても居ないのに、実際彼が他の女性と仲良くしているのをみると恋人気取りでヤキモチも妬いていましたし(苦笑)そんな自分を嫌う瞬間もあったのですが「矛盾も事実」と思うようになってからは妙な隔たりが消えて、今この瞬間の自分の気持ちをしっかりと確認していけば自ずと先は見えてくるのではないか・・・と思うようになりました。
時間を掛けようと覚悟をしてからは、じりじりと自分の気持ちが彼に傾きお付き合いをしたいという意志もハッキリと見えるようになりました。
そうして私は彼に告白をしたのです。
彼は酷く照れていて、しばらくは返事をしてくれなかったのですが(笑)暫く答えに耳を済ませて待っていると良い返事を聞くことが出来ました。

分かろうとしてくれているだけで

「君の事全ては分かって上げられないんだけれど」と、彼は何かを話すときにそう前置きをすることが多々あります。
付き合い当初の頃は、それがとても寂しく感じられました。
やはり、付き合っていれば理解をして欲しいものですし理解もしたいものですよね。
その全てを分かり合うことこそが恋愛だと思っていましたので。
しかし彼は分かって上げられないという。
自分の中で小さなジレンマがいつも存在していました。
彼が冷静にそう話すたびに、私は感情的になってしまいついつい余計な一言を口に出してしまうこともありましたが、自分自身を見つめなおそうと思うことで少しずつ感覚に変化が訪れました。
それは「分かろうとしてくれている気持ちがあるだけで十分ではないのか」ということです。
分かろうとしてくれるという事は、それだけ見つめてくれているという事なんですよね。
そして、キチンと全てを分かることなど出来ないという客観性も持ち合わせている彼は真剣に私とのことを考えてくれているんだと思うようになったのです。
そうして私の感情は徐々に落ち着きを見せるようになり、彼との関係も以前よりも良好なものに変化していきました。
どうしても「分かって欲しい」という気持ちが先立ってしまうものですがそう思おうとしてくれている気持ちを汲み取ることも大切ですよね。